パッシブデザインのメリットとは

パッシブデザインとは非常に優れた気密性や断熱性を持つ最先端の省エネ住宅のことです。
気密性や断熱性が高いということは屋外の温度変化による影響が少ないということなので、一年を通じて室内の温度変化が少なくなります。そのため、パッシブハウスでは一般的な住宅よりも大幅に冷暖房費を節約することができます。
一般的な住宅では暖房が効いている部屋と効いていない部屋との温度差が激しいため、ヒートショックが起こる可能性が高くなります。しかし、気密性や断熱性が高いパッシブハウスでは各部屋の温度差が少なくなるので、ヒートショックが起きる可能性が低くなります。そのため、ヒートショックを起こしやすい高齢者でも安心して住むことができます。
パッシブハウスにはパッシブ換気という高性能な24時間換気システムが採用されているので、常に空気がキレイな状態を維持することが可能です。また、常に高性能な換気システムが働いている上に、室内の昼夜の温度差が少ないので、結露やカビが発生しにくいというメリットもあります。結露やカビが発生しにくいということは家が傷みにくいということなので、それだけ耐久年数が長くなります。
パッシブハウスは遮音性も高いので、外部からの騒音に悩まされることなく快適に過ごすことが可能です。また、室内の音も外部に漏れにくいので、プライバシーを守ることができますし、近所との不要なトラブルも起きにくくなります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

パッシブデザインのメリットとは への1件のフィードバック

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です